点検やメンテナンスのペース

自動車にのるときに知っておいたほうがいいことはたくさんあります。そのひとつが、自動車の定期的な点検とメンテナンスについてです。これをやっているのとやっていないのでは、自動車本体の寿命が違ってきます。長く乗るつもりがあれば、日ごろから意識をしておかなければいけません。

特に重要な部分が、自動車のコアともよばれるバッテリーの部分です。この部品がなければ、エンジンの始動をすることができません。寿命が突然きてしまっては、山中や道路の途中で自動車が止まってしまうことになります。そのような事態にならないためにも寿命を意識しておきましょう。通常であれば、数年といわれていますが、これは乗り方によっても異なるので注意が必要です。

見分け方としては、エンジンを始動するときのモータの回転音が鈍くなっていたり、ヘッドライトが暗かったりといったことがあげられます。このような事態になったときには、寿命を疑ったほうがいいでしょう。ぎりぎりまで使うのではなく、寿命がなくなるまえに交換をするのがいいです。交換をするときには、さまざまなバッテリーの種類があるので予算や使い方によって選ぶといいでしょう。わからないときには詳しい人にきくといいです。

Comments are closed.