バッテリーの寿命

自動車を運転するときには、ある程度の知識を持っておくといいでしょう。まったく知識がなくても動かすことはできますが、思わぬトラブルになることがあるからです。特に多いのがバッテリーに関するものです。これをバッテリーに関する基本的な知識を知っていれば、道の真ん中でいきなり車が動かなくなったり、山道で立ち往生をすることもなくなるでしょう。

バッテリーの大きな働きはエンジンの始動をたすけることにあります。そのため、バッテリーが使えなくなれば、エンジンが動かなくなります。基本的な知識として、バッテリーはひとつのものをずっと使い続けるのではありません。交換をしながら使っていくのですが、バッテリーの寿命は一般的に2~3年といわれています。自動車の状態や乗り方によっても違ってきますが、定期的に点検をしておきましょう。

点検を怠っていると、突然バッテリーがあがって動かなくなってしまうことがあるからです。サインとしては、ヘッドライトが暗くなったりすることで見分けることができます。このようなサインが現れたときには、交換のタイミングだと考えたほうがいいでしょう。早めに交換をすることで、突然の異常を防ぐことができると知っておきましょう。

Comments are closed.